首イボのタイプを知って適した治療をしていこう

首イボのタイプを知って適した治療をしていこう

女性

首イボとは?

気が付くと首にできており、くすんだ色になっているのが首いぼです。大抵は良性の皮膚腫瘍なので心配することはありませんが服の摩擦や紫外線ダメージなどで刺激を与えるとどんどん増える上に、大きくなっていきます。出血したり黒や茶色などの色が付き始めた場合はウイルス性の要注意のいぼである可能性が高いので一度医療機関を受診しましょう。

女性

首イボを自力で治療する方法

古い角質が固まったものがイボの原因となっていることがほとんどです。そのため、保湿などのスキンケアをしっかりと行い、肌のターンオーバーを正常にすることで首イボの解消と予防を同時に行うことができます。また肌への刺激は避け感想や紫外線から守るようにします。そして新陳代謝を促進する効果のあるヨクイニンを取るならばハトムギ茶を飲むのがおすすめです。

婦人

首イボの治療に必要な期間

医療機関で液体窒素やレーザーで治療するならば施術ご1週間程度刺激から肌を守る必要があります。自宅でコツコツと治療するならば少なくとも肌のターンオーバーの期間は待たなければなりません。通常28日周期と言われているので1回のターンオーバーを待つと1か月はかかります。その後も首イボが取れるまで治療は根気よく続けましょう。

イボとホクロは異なる?

発生原因が違う

イボは皮膚の表面が変化することで発生します。刺激を与えることで数が増えたり成長し、狭い範囲に沢山出来ることが特徴です。ホクロは肌にたまったメラニン色素が皮膚の新陳代謝で排出されずに残ったものなので体の内側からできあがったものです。

治療法は同じ

ホクロがイボのようにポッコリと出てしまうと気になるものです。出っ張ったホクロを除去する方法はイボと大して変わりありません。顔や首など面積の狭い範囲であれば一回の施術で同時に取り除いてもらうこともできます。

広告募集中